2017年初日

2017.1.1. 太白山から初日の出。 今年は鳥年。鳥のように飛翔して大空から山々を俯瞰し、
  いろんな山を、そしてその山が一番輝いているとき山仲間と一緒に楽しく、和やかに登りたい
  ものです。(てつお)
e0265627_13151893.jpg
e0265627_13153199.jpg

2017.1.7. 総会。 シルバーセンターにおいて。13時~17時。今年の山行予定が決まりまし
  た。後日整理して報告いたします。
e0265627_13203794.jpg
e0265627_13211095.jpg
e0265627_13212553.jpg

2017.1.7. 場所を移して(花の舞)新年会に移りました。総会に参加できなかった会員も参加
  しました。
e0265627_13245616.jpg
e0265627_13251437.jpg
e0265627_13253699.jpg
e0265627_13255234.jpg
e0265627_13261666.jpg
e0265627_13262862.jpg

初登山は1月21日 泉ヶ岳です。 担当 木村
[PR]
# by yamakusakai | 2017-01-10 13:01 | Comments(0)

面白山忘年山行

2016.12.17. 面白山忘年山行 参加者11名 担当 山戸田
今年最後の忘年山行。仙台の早朝は激しい降雪。天気予報は午後から回復とのこと。駅を降りると
周りは新雪の世界。今年最初の雪山。音のない雪の音を聞きながらラッセルが続いた。
次回は1月7日総会(1年の山行計画が決まります)&新年会。 初山行は1月21日 泉が岳
担当 木村
e0265627_13233197.jpg
e0265627_13234663.jpg
e0265627_13235443.jpg
e0265627_1324126.jpg
e0265627_13242365.jpg
e0265627_13244438.jpg
e0265627_1325623.jpg
e0265627_13252871.jpg
e0265627_13254599.jpg
e0265627_13255571.jpg
e0265627_1326535.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2016-12-19 13:12 | Comments(0)

2016忘年会

2016.12.2. 忘年会 場所 日本海庄や 参加者22人 担当 文子&赤塚 司会 藤田
コメント 恒例の「やまくさ大賞」は室内例会、山行例会で活躍し、そして北アルプス薬師岳で日本
 百名山完登した庄子文子さん。敢闘賞は同じく活躍した太田 武さん。山行例会は少なかった
 けど、体重を落とし年末に第九を歌う清水秀甲さん。
 創立以来42年。無事故で安全登山を続けてきました。日常の中に非日常の出来事を山行に求め
 日々の生活を彩り、趣味を同じくする仲間と語り合い心を揺さぶる、そして健康な体つくりができる
 やまくさ会忘年会の物語は続く。 (てつお)
e0265627_14382122.jpg

e0265627_14331146.jpg
e0265627_14332313.jpg
e0265627_14333362.jpg
e0265627_14334364.jpg
e0265627_14335710.jpg
e0265627_1434750.jpg
e0265627_14342875.jpg

次回山行は12月17日 忘年山行 面白山 担当 山戸田
[PR]
# by yamakusakai | 2016-12-06 14:06 | Comments(0)

背戸峨廊

2016.11.21. 背戸峨廊雨のため中止。 例会、例会後の二次会スナップ写真をブログします。
  (てつお)
次回は12月2日忘年会。担当 文子&赤塚 12月17日 忘年会山行 面白山 担当 山戸田
e0265627_1452880.jpg
e0265627_14525833.jpg

亘ちゃん忠ちゃん久しぶりに参加しました。
e0265627_14553394.jpg
e0265627_14561847.jpg

村上雄ちゃん久しぶりに参加しました。
e0265627_14574657.jpg
e0265627_1458381.jpg

亜由美ちゃん、大輔君 凪ちゃん連れてきました。
e0265627_14594238.jpg
e0265627_1501869.jpg
e0265627_151471.jpg

例会山行雨で中止になったので二口の奥に晩秋を求めに行きました(てつお)
[PR]
# by yamakusakai | 2016-11-21 14:39 | Comments(0)

雨呼山(あまよばりやま)

2016.11.5. 雨呼山(あまよばりやま) 参加者 11名 担当 村上&藤田
コメント 稲作中心の昔、水不足の時頂上近くにある竜神の池で雨乞をしたと言われている。
 三ツ石コースを登るとミズナラ、ブナの紅葉に木漏れ日が差し山あいを一段と鮮やかにしていた。
 そのミズナラにFちゃんがムキダケキノコの群生を発見した。そのあとは皆キノコ目になり大量な
 収穫となった。しかもナメコまで採れた。頂上にはいくつもの登り下りを繰り返した。最後の急な
 階段を登った上のまた先にある頂上には、なんの装いもなく、ただ石漂だけがあった。だけど
 周りは赤、黄、青の織りなすままに豊かなひきだしを開放していた。
 80歳を超えたメンバーがいた山形の山の会グループと出会った。(てつお)
次回は11月19日 背戸峨廊 担当 加藤
e0265627_1428721.jpg
e0265627_14283262.jpg
e0265627_14284633.jpg
e0265627_14291821.jpg
e0265627_14293598.jpg
e0265627_14295266.jpg
e0265627_14301367.jpg
e0265627_14304061.jpg
e0265627_14305520.jpg
e0265627_1431111.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2016-11-08 14:00 | Comments(0)

船形山動画

2016.10.22. 船形山動画 作成者 門眞

[PR]
# by yamakusakai | 2016-10-31 14:55 | Comments(0)

船形山

2016.10.22. 燃える船形山 参加者 15人 担当 門眞&清水
コメント 旗坂手前の凸凹林道を20分程走ると大滝登山口に着いた。ブナ林の赤茶けた紅葉に囲ま
 れた空には一片の漂雲もない。風倒木にナメコを見つけたが、あまりにも小さい。他日の人に譲る
 。頂上からの眺めは360度展望がいい。蔵王、飯豊、朝日、月山、手前に黒伏、白森山。あの冬、
 あの春、あの夏の季節を過ごた山なみの山肌は装い一様に燃えていた。山が燃え方を教えていた。
 人生の燃え方、装い方を教えていた。蛇ガ岳から三光の宮への下山道は草紅葉が晩秋を深め足に 
 絡みつく。色彩のある所にひとは集まる。紅葉の終わる山には人も少なくなるのだろう。おまけは鈴
 沼。装う「前船形山」が静まる鈴沼に身を映していた。(てつお)
次回山行は11月5日 雨呼山(三ツ石コース) 担当 村上&藤田
e0265627_13195861.jpg

e0265627_1320144.jpg
e0265627_13203116.jpg
e0265627_13205156.jpg
e0265627_1321629.jpg
e0265627_13212027.jpg
e0265627_13213533.jpg
e0265627_13214813.jpg
e0265627_1322854.jpg
e0265627_13222436.jpg
e0265627_13223541.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2016-10-25 12:57 | Comments(0)

栗駒山

2016.10.1. 栗駒山。 参加者 10人 担当 文子&赤塚
コメント 今回も天気がいい。須川温泉の駐車場は8時半というのにすでに満杯。ここ数日雨が続い
 たせいか温泉の湯量が多く勢いもある。山肌には噴煙が消火後の火事場の残り火のように立ちあ
 がっていた。目を上部に移すと赤、黄、青の織りなす錦絵が栗駒山を彩っている。昭和湖の水面
 は空の青さに負けず、空は空で青空にイワシ雲でアクセントをつける。なんという至福のの時だろ
 うか。同じ思いを持った人達で頂上は溢れ歓喜の声が聞こえた。その喜びので兎沢怜子さんの
 結婚報告がういういしかった。(てつお) 次回は10月22日 船形山 担当門眞&清水
e0265627_13442119.jpg
e0265627_1344343.jpg
e0265627_13444510.jpg
e0265627_13445869.jpg
e0265627_13451076.jpg
e0265627_1345233.jpg
e0265627_13453535.jpg
e0265627_13454776.jpg
e0265627_13455881.jpg
e0265627_13461241.jpg
e0265627_13462697.jpg
e0265627_13464012.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2016-10-04 13:26 | Comments(0)

初秋の高松岳

2016.9.24. 高松岳 参加者 10名 担当 太田&早忠
コメント 今回はあまり人の入らないガンジャロを登る。軟らかい凝灰岩が侵食されたナメ沢を右に
 左にトラバースしながら急峻な渓谷が稜線近くまで突き上げる。稜線から見る頂上はまだ高度が
 ある。整備されていないヤセ尾根の急登は先日の雨で滑りやすく体力を消耗した。Oちゃん、S
 ちゃんの歌が止まった。下山は硬度差のある湯ノ又コースを降りた。先駆けの紅葉を眺めながら
 深い原生林の山々、峰々を走る谷筋を眺めながら鼻こすりと言う傾斜角のきつい道を降りた。
 登りでKちゃんヒラタケをいっぱいとりました。そして千年ネズコ(ヒノキ科でクロベともいう高木で
 木肌が赤褐色でなめらか)を発見しました。(てつお)
次回山行は10月1日 栗駒山 担当 文子&赤塚
e0265627_1529853.jpg

 
e0265627_1530815.jpg
e0265627_15312457.jpg
e0265627_15333841.jpg
e0265627_15335524.jpg
e0265627_15341161.jpg
e0265627_15342710.jpg
e0265627_15344297.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2016-09-26 14:51 | Comments(0)

安達太良山

2016.9.10.安達太良山 動画 作成者 門眞

[PR]
# by yamakusakai | 2016-09-13 11:29 | Comments(0)