<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

葉山山行

葉山
2013.4.27.
参加者 18人
担当  木村
コメント 発達した低気圧の進みがゆっくりなため山形との県境あたりから
  雨。虹もかかり目算が狂う。寒河江近くで青空が広がったので予定どうり
  葉山へ。終点の市民荘の近くにはおいしい沢水、水芭蕉、そして残雪が
  待っててくれた。残雪は多くキャンプ場を埋め尽くしてした。アイゼンを
  つけ畑コースを急登しブナ林を進む。まだ芽吹きには早いがブナの雪明け
  は進んでいた。途中から青空が隠れ ガスからみぞれ交じりの雪になり
  視界のない山中を歩くこと2時間半。振り返ればブナの大木のみ。
  昨年は好天の中 月山を朝日連峰を眺めたことを思い出しながらお花畑
  でタイムアップ。  (てつお)
e0265627_1638656.jpg
e0265627_16385995.jpg
e0265627_16391441.jpg
e0265627_16392446.jpg
e0265627_16393528.jpg
e0265627_16394582.jpg
e0265627_16395669.jpg

[PR]
by yamakusakai | 2013-04-28 16:15 | Comments(0)

葉山山行

葉山
2013.4.27.
参加者 18人
担当  木村
コメント 発達した低気圧の進みがゆっくりなため山形との県境あたりから
  雨。虹もかかり目算が狂う。寒河江近くで青空が広がったので予定どうり
  葉山へ。終点の市民荘の近くにはおいしい沢水、水芭蕉、そして残雪が
  待っててくれた。残雪は多くキャンプ場を埋め尽くしてした。アイゼンを
  つけ畑コースを急登しブナ林を進む。まだ芽吹きには早いがブナの雪明け
  は進んでいた。途中から青空が隠れ ガスからみぞれ交じりの雪になり
  視界のない山中を歩くこと2時間半。振り返ればブナの大木のみ。
  昨年は好天の中 月山を朝日連峰を眺めたことを思い出しながらお花畑
  でタイムアップ。  (てつお)
e0265627_1638656.jpg
e0265627_16385995.jpg
e0265627_16391441.jpg
e0265627_16392446.jpg
e0265627_16393528.jpg
e0265627_16394582.jpg
e0265627_16395669.jpg

[PR]
by yamakusakai | 2013-04-28 16:15 | Comments(0)

山行予定



  次回山行予定
     4月27日(土) 葉山  担当 木村
     5月3日(金)  小朝日 担当 早(忠)
     5月18日(土) 栗駒山  担当 きみこ 文子

  霊山のリポートコメントは晴山さんでした。
  写真ボケてすみませんでした。    (てつお)
[PR]
by yamakusakai | 2013-04-24 15:42 | Comments(0)

霊山

ネパールヒマラヤ(ゴーキョピーク)トレッキング中のやまくさ会の山行報告
3月9日 面白山 担当 橘川  強風で仙山線運休のためリターンマッチ。
3月16日 霊山 担当 山戸田  参加者 13人。
コメント 春まだ浅き みちのくの 蔵王の雪も とけやらず 又立ちかえる
  弥生月 嘆きを誰に 語らん。
  震災から2年。山戸田兄の配慮で今回の山行は原発に苦しむ福島県に。
  南朝の忠臣北畠顕家が立て籠もった霊山城の散策となった。
  カモシカ君の出迎えをうけていくつかの奇岩にもチャレンジ。
  天気にも恵まれた岩峰からは吾妻や安達太良の美しい残雪画。泉ヶ岳
  のスキー場まで望むことが出来た。昼食は支援の気持ちで登山口の
  紅彩館で。帰路丸森の斉理屋敷を見学。リーダーの心配りと好天に参加
  者一同満足した一日となった。
e0265627_15244775.jpg
e0265627_15245723.jpg
e0265627_1525693.jpg
e0265627_15251760.jpg
e0265627_15252432.jpg

  
[PR]
by yamakusakai | 2013-04-24 15:05 | Comments(0)

黒伏山

白髭山(黒伏山増水で渡渉出来ず変更)
2013.4.6.
参加者 10名
担当  早(忠)
コメント 二つの低気圧が発達して爆弾低気圧発生予報。東北に影響出るのは
  夕方からということで決行。
  黒伏山に取り掛かる沢が雪解け水で予想以上の増水。渡渉する板を用意
  したが無理なので急遽近くの白髭山に変更。
  柳沢小屋まで柴倉山を眺めながら雪道1時間。さらに登山口まで1時間。
  このあたりからブナ林はガスで視界は100メートル位で方向が分からなく
  なるほどガスってくる。しかしさすがここをホームグランドにしている早(忠)
  迷うことなく白髭山手前のピークに出ました。出発して3時間ガスの中ここで
  タイムアップしました。帰りは尻セードで楽ちん。またブナの精と交友してき
  した。  (てつお)
e0265627_15324617.jpg
e0265627_1533966.jpg
e0265627_15331790.jpg
e0265627_15332582.jpg
e0265627_15333235.jpg
e0265627_15334390.jpg
e0265627_15335416.jpg
e0265627_1534175.jpg
e0265627_15341093.jpg

[PR]
by yamakusakai | 2013-04-06 15:08 | Comments(0)