人気ブログランキング |

笹森山

2019.3.2. 里山 笹倉山 参加者 8人 担当 文子&赤塚
コメント 仙台の高層ビルから北のほうにラクダの群れのように見える七つ森。そのなかで一番高く離れて座す笹倉山。宮床の歌人で恋多き原阿佐緒も幾度と登り、和歌も歌った山だ。早春に近い里山はすでに霞んでいた。話題も豊富だ。登山道に姥坂が出れば「姥捨て山」はなぜ女性か?歯をなぜ折るのか?山形の姥湯は関係あるのか?などなど。また亀の子石が出てくると山に亀がいるのか?いや鶴亀万年の縁起じゃないか?などなど。ブナの珍しい樹形に立ちとまり、空想を膨らませたり、ブナの樹の節にヒツジの顔を見つけたり。あっという間に頂上へ。
帰りは幹事さんの計らいで「七つ母里」で雛膳。宮城県でソバの作付面積第1位(大和町)のソバもおいしかった。(てつお)
次回山行は3月16日 山形西川町 間沢スノートレッキング 担当 後藤&岩井
e0265627_13395198.jpg
e0265627_13400424.jpg
e0265627_13402392.jpg
e0265627_13403463.jpg
e0265627_13404367.jpg
e0265627_13404860.jpg
e0265627_13405942.jpg
e0265627_13410732.jpg
e0265627_13411309.jpg
e0265627_13411835.jpg
e0265627_13412797.jpg
e0265627_13413380.jpg


by yamakusakai | 2019-03-05 13:43 | Comments(0)


<< 山形間沢スノートレッキング 山形蔵王(樹氷) >>