2013年 08月 11日 ( 2 )

北アルプス(立山~大日岳)

日時  2013.8.7(夜)~8.11.(朝)
参加者  7人
担当  徹雄
コメント 立山三山の内8日は浄土山と雄山に登る。浄土山では数年まえ越えてき
 た五色ヶ原、薬師岳に想いを馳せる。津波で亡くなった艶ちゃんが山ブル―べりー
 を摘んでいたのが目に浮かぶ。雄山神社(3015メートル)では禰宜さんが天空を
 仰ぎ祝詞をあげていた。内蔵助カールは万年雪を残し、稜線からいくらか下がった
 所に新しい赤い屋根の内蔵助山荘があった。ハエマツの中かから雷鳥が歓迎してく  れた。朝目を覚ますと雨。10日も良くない。雨後称名滝に下りるのはリスクがある。
 ミーテングの結果真砂岳から室堂平に下りることにした。遠くで雷の音。ずんずん
 近ずき光って2秒後に落雷。(室堂に落ち周辺の電話不通)沢水も増水するところ
 を雷鳥平ロッジに駆け込みかけ流しの温泉に浸かり停滞。11日は室堂から阿弥陀
 ヶ原まで天空ロードを歩く。山の季節は秋に移ろうとしているのに遅れた雪解けの
 大地に春の高山植物が咲いていた。キヌガサソウも咲いていた。(てつを)
e0265627_149252.jpg
e0265627_1493952.jpg
e0265627_149487.jpg
e0265627_14101435.jpg
e0265627_14102410.jpg
e0265627_14103338.jpg
e0265627_14104236.jpg
e0265627_14105158.jpg
e0265627_1411031.jpg
e0265627_1411846.jpg
e0265627_14112590.jpg
e0265627_14113372.jpg
e0265627_14114167.jpg

[PR]
by yamakusakai | 2013-08-11 13:42 | Comments(0)

荒島岳&白山

荒島岳&白山(日本百名山)
日時 2013.8.9(金)~12(月) (7月26日~28変更)
参加者  3人
担当   井上
コメント 参加者が少ないためクラブツーリズムの企画に便乗した。
 荒島岳は福井県大野町にある秀麗な独立峰で別名大野富士と言われているが
 今回は薄い雲に覆われどの山も見えなかった。標高は低いが登りに約4時間弱
 かかった。当日は高温多湿で無風しかも林の登山道で殺されそうだった。
 白山は気温は高かった(四万十市で40度越した)が比較的さわやかだった。
 歩くこと5時間弱登山者がいっぱいいる室堂に着く。ビールを我慢して修験者の
 シンボル御前峰に向かう。この頂上からの景観は近くは江戸時代、古くは1万年
 前の火山噴火によってできた荒れ地で火口湖には万年雪が横たわっていた。
 お池廻りを約3時間弱たのしんで室堂に戻る道すがらハクサンコザクラ、ハクサン
 フウロがここが本籍だ言っている。クロユリがあっちこっち向いて何か訴えている
 が言葉がわからない。津波で亡くなった艶ちゃんが来たかった山でした。 てつお
e0265627_11135572.jpg
e0265627_11141292.jpg
e0265627_11142170.jpg
e0265627_11143012.jpg
e0265627_11144194.jpg
e0265627_11145187.jpg
e0265627_1115111.jpg
e0265627_11151254.jpg
e0265627_11152135.jpg
e0265627_11152868.jpg
e0265627_11153647.jpg
e0265627_11154647.jpg
 
[PR]
by yamakusakai | 2013-08-11 10:39 | Comments(0)