2018年 07月 30日 ( 2 )

帝釈山& 会津駒が岳(2)

2018.7.21~22.帝釈山&会津駒(2)
コメント 熱中症を避けるため3時に起床し登山口を4時スタート。山の中はまだ暗い。ヘッドランプをつけて登ること20分、樹々の間からご来光を眺める。登山道はのぼりのみで下りが無い。湿原まで標高差950メートルを3時間かけて登るのみ。先週の水引入道の登りより長い。やっと湿原。まもなく駒の小屋に着く。一気に駒ヶ岳の頂上へ。約4時間弱のコースタイム通りだった。湿原ではお目当てのハクサンコザクラが大地を紅く染めていた。(大地が遠くからでも紅く鮮明に見えたのは秋田駒のコマクサ以来だ。)目を転ずると池塘を囲む草原にキンコウカが大地を黄金色に染めていた。別の草原にはコバイケイソウが大地を白く染めていた。
素晴らしい競演だ。素晴らしいハーモニーだ。駒の小屋周辺には風と霧が戯れていた。(てつお)
次回山行は8月11日(4日和尚山変更) 西吾妻 担当 弘子&藤田
e0265627_16404014.jpg
e0265627_16410187.jpg
e0265627_16411142.jpg
e0265627_16412060.jpg
e0265627_16465043.jpg
e0265627_16470270.jpg
e0265627_16471480.jpg
e0265627_16474946.jpg
e0265627_16481213.jpg
e0265627_16482674.jpg


[PR]
by yamakusakai | 2018-07-30 16:50 | Comments(0)

帝釈山& 会津駒が岳(1)

2018.7.21~22日 帝釈山&会津駒が岳 参加者 9名 担当 眞佐子&徹雄
コメント 久しぶりの遠出と泊まり山行。21日は帝釈山。馬坂峠から登る。オサバグサの花は私たちを待たず終わっていた。ポーレットの出迎えを受け、かつては幻の山と言われた帝釈山の頂上へ。明日登る会津駒、三岩岳、浅草岳目を転ずると燧ヶ岳が眺望できた。ポーレットはなぜか3回頂上に立った。
帰り路、8人乗ったレンタカーは林道の砂利道に悲鳴をあげてパンク。岩井君が冷静沈着に処理してくれた。頼もしい新人だ。宿は民宿の「ひのきや」温泉に入り早い夕食。イワナの刺身に塩焼き。山菜やカボチャツル芽の天ぷら。熊の心臓油。(ひのきやさんは今もマタギ)食べきれずギブアップ。しかし最後にマイタケ(天然)ご飯が出たらなんとみんなお変わり。(てつお)
e0265627_16155299.jpg
e0265627_16161007.jpg
e0265627_16161608.jpg
e0265627_16162269.jpg

[PR]
by yamakusakai | 2018-07-30 16:17 | Comments(0)