<   2018年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

翁山

2018.10.20.翁山 参加者 14名 担当 門眞
コメント 二週連続の山行。尾花沢高橋の稲刈る棚田を眺めながら登山口に着いた。登山口から歩くこと約一時間強。そこには童話に出てきそうなかわいいハマリ小屋が現れた。中にはケヤキテーブルがあった。ここで飲む酒は美味しいことだろう。紅葉に彩られたブナ林に秋の日差しが入る。太田ちゃん叫ぶ。「人生儲かった」
頂上からの眺めはたおやかで、ゆるかな登山道には光る笹の緑が同伴する。春日大社の使者が翁姿で追われた白鹿を助けたと言い伝えがある。その頂上には神木であるイチイの常緑樹が赤い実をつけて翁山を守っていた。(てつお)17キロ 6時間(昼食 休憩含む) 次回山行 11月10日 大東岳 担当 清水&きみこ





e0265627_15325024.jpg
e0265627_15325929.jpg
e0265627_15331273.jpg
e0265627_15332607.jpg
e0265627_15333932.jpg
e0265627_15335087.jpg
e0265627_15335855.jpg
e0265627_15340715.jpg
e0265627_15341467.jpg
e0265627_15342649.jpg
e0265627_15343372.jpg





[PR]
by yamakusakai | 2018-10-23 15:37 | Comments(0)

以東岳

2018.0.13~14.
以東岳 参加者 9人 担当 渡辺
コメント 登山口の泡滝ダム周辺の紅葉はまだ早い。一日目山小屋まで約4時間10.6キロ。渓谷の山肌には幾つもの谷筋が見え今年の豪雨のすごさを物語る。幾つかの谷の特徴を見て命名して楽しむ。吊橋2か所渡るがその姿にも各人の性格が現れる。山小屋では途中で採ったナメコ汁が大好評。夜はちょとした出来事がありました。翌朝4時半スタート。ヘッドランプを頼りにタキタロウ湖沿いに歩くにも、いつ湖に転落するかわからず緊張の連続。急登コースを歩くこと3時間。眼下に熊の毛皮状の大鳥湖、山小屋がよく見える。山肌はクサモミジ。夏には高山植物の花が咲き競っていただろう今はクサモミジだけ。短い山の秋を彩っている。以東岳の頂上からは大朝日岳への縦走路、先月登った障子ガ岳がよく見えた。二日目は12時間、24.8キロ(昼食含む)(てつお)次回山行 10月20日 翁山 担当 門眞&松森



e0265627_13405143.jpg
e0265627_13373615.jpg
e0265627_13380010.jpg
e0265627_13381486.jpg
e0265627_13385374.jpg
e0265627_13383257.jpg
e0265627_13391027.jpg
e0265627_13393923.jpg
e0265627_13400925.jpg
e0265627_13401349.jpg




[PR]
by yamakusakai | 2018-10-17 13:42 | Comments(0)

船形山

2018.9.29. 船形山 参加者 11人 担当 太田
コメント 大型台風24号の影響は今日一日無さそうだ。林道にマユミツリバナ、ウメバチソウを見ながら、大滝に入る。登山道ではナメコを発見。誰かの食卓に。道は深くえぐられ視界がきかない。石の上に落ちたミネカエデの赤い葉で紅葉を知る。前船形山が私たちの後姿を追っていた。頂上からの眺めは圧巻だ。東西南北八合目にかけて赤黄緑織りなす紅葉が彩る。その一角で「やまくさ会」最長老78歳の孝ちゃん誕生祝い。紅葉彩る山上でのお祝いに孝ちゃん目がウルウル。これが山仲間。
登り2時間弱 下り3時間 13.3キロ 次回山行 10月13~14日 以東岳 担当 渡辺&後藤






e0265627_10472338.jpg


e0265627_10473614.jpg
e0265627_10475738.jpg
e0265627_10483635.jpg



e0265627_10490067.jpg
e0265627_10474795.jpg
e0265627_10484246.jpg
e0265627_11450427.jpg

e0265627_10492383.jpg
e0265627_10493186.jpg
                             360°パノラマ写真



 
   



[PR]
by yamakusakai | 2018-10-02 10:52 | Comments(0)