人気ブログランキング |

お知らせ



       お知らせ。
       やまくさ会のブロムしばし休みます(2回ほどの例会山行)。
       3月8日から27日までネパールヒマラヤに行きます。
       前回はアンナプルナのベースキャンプまででした。
       今回はエベレスト街道の奥にあるゴーキョピーク
       (5400メートル)まで行って目の前のエベレスト、
       マカルー、カンチェンジェンガなど8000メートル級の
       山々に心を体を燃やしてきます。
       やまくさ会からの3名含む7名、ガイド1名のトレッキング
       です。        てつお
   
# by yamakusakai | 2013-03-06 15:24 | Comments(0)

五社山ハイク

期日  2013.2.24.(日)
五社山ハイク
企画担当 村上
コメント  今年一番の寒気が(最高気温-0.6度)昨夜から雪をつれて
       きた(20~30センチ)。
       里山なのに雪深い山奥の雰囲気を醸し出し山やの心を駆り立てた。
       空は青空なのに風は時折強さを増しナラ、サクラなどの樹木を襲い
       枝に積もった雪を蹴散らして風雪と化し山を泣かした。風雪の中
       に雪女の泣き声を何度か聞きました。   てつお  
e0265627_16192513.jpg
e0265627_1619344.jpg
e0265627_1619432.jpg
e0265627_16195389.jpg
e0265627_1620344.jpg
e0265627_16201050.jpg
e0265627_16202025.jpg
e0265627_16202731.jpg

# by yamakusakai | 2013-02-24 15:50 | Comments(0)

横手かまくらと小安峡温泉

温泉旅行(横手かまくらと小安峡温泉)
日時  2013.15~16(土)
参加者  13人
担当  藤田
コメント 1年に1度の企画。恒例になりました。
     早めの食事をして小雪降る夜の横手かまくらに行きました。
     かまくらの内は水神様がまつられロウソクの灯りが人々を誘い込む。
     私たちも内に誘われ餅とお酒を御馳走になり 静かな雪中の祝祭
     に参加した。
     なじみの美人おかみがいる小安峡温泉こまくさに戻り二次会で盛り
     あがりました。
     雪降る深夜の露天風呂での雪見酒は心地良かった。
e0265627_15544319.jpg
e0265627_15545592.jpg
e0265627_1555414.jpg
e0265627_15551221.jpg
e0265627_15552260.jpg
e0265627_15553894.jpg
e0265627_15555398.jpg
e0265627_1556529.jpg
e0265627_15561967.jpg

# by yamakusakai | 2013-02-15 18:39 | Comments(0)

泉ケ岳

2013.1.20(日)
泉ケ岳
参加者 12名
担当 永沢代行 徹雄
コメント 市内は天気良かったが山は曇り、時折風吹き雪が舞っていた。
      滑降コースを登ったが数人のトレースがあり登り易かった。
      お別れ峠からはトレースも消えてラッセルの交代で汗をかく。
      積雪多く腰まで潜る。雪を泳ぎながらバージンロードがかつての
      子供心を駆り立てた。
      下山した駐車場で純ちゃんが入れてくれたコーヒーは残った体の
      エネルギーを静かに納めてくれた。
e0265627_16232330.jpg
e0265627_16233873.jpg
e0265627_1623525.jpg
e0265627_1624286.jpg
e0265627_16241292.jpg
e0265627_16242071.jpg
e0265627_16242857.jpg
e0265627_16243592.jpg

# by yamakusakai | 2013-01-22 16:09 | Comments(0)

13総会&新年会

13総会&新年会
日時 2013.1.5.(土)
総会会場 シルバーセンター
新年会会場 北海庄や
コメント 1時から5時まで懸案事項を審議。
      役員改選は再任一部役員増員
      今年も盛りたくさんな山行計画が出来上がった。
      場所をうつして新年の宴が続いた。
e0265627_1632770.jpg
e0265627_1634324.jpg
e0265627_1635359.jpg
e0265627_16428.jpg
e0265627_1641054.jpg
e0265627_1641715.jpg
e0265627_1642556.jpg
e0265627_164334.jpg
e0265627_1644251.jpg
e0265627_164527.jpg

# by yamakusakai | 2013-01-05 15:56 | Comments(0)

忘年山行

2012.12.5.
北面白山忘年山行
担当  橘川
参加者 12人
コメント 今年の冬は雪が多く藤花山荘前でも20センチぐらいの積雪が会った。
  生憎く気温が高くみぞれ交じりの雨。天童高原からなお先に進むが天気好天
  せず途中で引き返す。ちょっと前までカラマツの黄金色も今は無く雪をかぶり
  悲しみを殺していた。
  南面白山方面は山合いに霧雲が発生し山紫水明を詩い我が心を静める。
e0265627_13524795.jpg
e0265627_1353590.jpg
e0265627_13531475.jpg
e0265627_13532232.jpg
e0265627_13533055.jpg
e0265627_13534334.jpg
e0265627_13535519.jpg
e0265627_1354326.jpg

  下山途中雪の下からナメコ収穫。藤花山荘に戻りいつもの打ち上げ。てつお
# by yamakusakai | 2012-12-05 13:35 | Comments(0)

忘年会

2012.12.1.
忘年会
担当 真佐子
参加者29名
コメント 今年のやまくさ大賞は日本百名山を達成した2組4人でした。
  今年の会企画は22回で実行21回(1回は雨で中止)で実施率95  
  パーセントとハイレベルの実施でした。また参加人数も10人以上が
  19回(うち2回は20人以上)と多くの会員が参加しました。
  やまくさ会の活性と勢いが感じられる1年でした。今年も無事故
  でしたがこれからも安全登山で山行の達成感、満足感をもとめて行
  きたいものです。
  宴は山の話を肴に盛り上がり各々二次会に流れました(てつお)
e0265627_11494371.jpg
ぼうねんかい
e0265627_11504127.jpg
e0265627_11505440.jpg
e0265627_11511357.jpg
e0265627_1151241.jpg
e0265627_1151534.jpg
e0265627_1152517.jpg
e0265627_11521390.jpg
e0265627_1152211.jpg

                                   
# by yamakusakai | 2012-12-01 11:26 | Comments(0)

泉~北泉ヶ岳

2012.11.24.
泉~北泉ヶ岳(11月24日北石橋変更)
担当 文子
参加者 14名
コメント 今回は滑降コースで泉ヶ岳を正面から登る。夏にはヤナギランが咲いて
   いたのが思い出される。三角山に寄り道するとそこは太平洋の波間がキラメ
   ク御来光スポットだった。
   急な登りを過ぎると2時間強で頂上に着いた。にぎわう頂上を後に先を急ぐ。
   三差路手前のブナ林は北風をさえぎりおいしいおにぎりタイムになった。
   頂上付近の木木には霧氷は発生し、空気が凛とし吐く息が言葉を追いかけ
   る。
   ミズナラ、ブナの巨木が来る冬に添えてそれなりの武装をしていた。てつお
e0265627_1156456.jpg
e0265627_11571592.jpg
e0265627_11573220.jpg
e0265627_11575074.jpg
e0265627_11575895.jpg
e0265627_1158656.jpg
e0265627_11581548.jpg
e0265627_11582735.jpg
e0265627_11583623.jpg

# by yamakusakai | 2012-11-24 11:25 | Comments(0)

面白山トレッキング&芋煮会

e0265627_1527393.jpg
2012.11.10.(土)
面白山紅葉川トレッキング&芋煮会(舟形山変更)
参加者 22名
担当 鹿野
コメント 紅葉川を右に左に渡るつり橋、太鼓橋は長い風雪に朽ちるとこ
  があり、身の安全確保に必死な演出する人もいたがまづは気にする
  程ではなかった。源頭を北面白山にもつ紅葉川の流れは早く、瀬の音
  も高く晩秋を深めていた。イタヤカエデ、ヤマモミジの黄、赤の色が滝の
  流れを彩どり、奇岩の命名が話題を深めた。
  トレッキングの後は日本百名山完登した鹿野夫妻心ずくしの芋煮会が
  藤花山荘を独占した。 てつお
e0265627_15274844.jpg
e0265627_15275984.jpg
e0265627_15281568.jpg
e0265627_1529024.jpg
e0265627_1529123.jpg
e0265627_1529299.jpg
e0265627_1529391.jpg
e0265627_15294927.jpg

# by yamakusakai | 2012-11-10 15:06 | Comments(0)

二股山&小白森山

2012.10.21(土)~21(日)
二股山&小白森山(那須岳変更)
担当 西條 徹雄
参加者 13人
コメント 朽ちる前のブナには相性の良いキノコが群生していた。
 途中の池塘には群青のリンドウが紅葉する木々に組みすることなく凛としていた。
 二股山はピークが二つあり乳房山とも言われている。男岳は開放的で福島の名
 だたる山々が一望できた。一方女岳の頂上は木立に囲まれ展望はかなわなか
 った。登山道には巨木化したブナ、ミズナラ、アスナロが時の流れに身を任せな
 がら息づいていた。特に栄養分のない石を抱いて真っすぐ伸びるアスナロ(ヒノキ)
 の生命力にアスを感じた。この木は年輪が密に刻まれているため建材に使われ
 ると狂いが無く且つ時間が経つ程木の肌が艶を出す。人もこうありたいものだと
 思う。下山したところにあるお鍋が御神体という珍しいお鍋神社を参拝した。二本
 のサワラ (ヒノキ)が500年以上の銘木で神社前に鎮座していた。
 2日目はウリハダカエデの朱色が染まり行く紅葉をリードしていく。そんな秋山の
 小白森山を楽しんだ。途中蟻の戸渡りから眺めた二股山は会津の富士のよう
 だった。 (てつお)

e0265627_16102254.jpg

[#IMAGE|e0265627_1554573.jpg|201210/23/27/|mid|400|300#
e0265627_15552574.jpg
e0265627_1555382.jpg
e0265627_15554950.jpg
e0265627_1556146.jpg
e0265627_15561385.jpg
e0265627_15562991.jpg
e0265627_15564813.jpg
e0265627_15565712.jpg
e0265627_1557729.jpg
e0265627_15571684.jpg
e0265627_155724100.jpg
e0265627_15573233.jpg

 
# by yamakusakai | 2012-10-23 14:58 | Comments(0)