里山ハイク

2018.4.7. 里山ハイク 大梅寺~蕃山~萱ケ崎山~馬越山~立石山神社~県道~
大梅寺駐車場 12.8キロ 5時間 参加者 10名 担当 文子&山本
コメント 3日前の例会では当日は雨予報。しかし今回も天気は我々の味方。低気圧が早めに去ってくれた。お陰で陽の日差しが無いと咲かない春の妖精カタクリが大喜びで迎えてくれた。
花びらにフリルの入った淡いピンクの花イワウチワが北斜面に群生していた。春に別れを告げるかのように花が落ち葉に落ちる、その音は聞こえなかった。(てつお)
次回山行は4月14日 鹿狼山七峰縦走 担当 山戸田&村上
e0265627_10552962.jpg
e0265627_10553675.jpg
e0265627_10554204.jpg
e0265627_10555122.jpg
e0265627_10555756.jpg
e0265627_10560537.jpg
e0265627_10570736.jpg
e0265627_10571070.jpg
e0265627_10571884.jpg
e0265627_10572092.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2018-04-10 10:59 | Comments(0)

青麻山

e0265627_14000100.jpg
2018.3.24. 青麻山 参加者10名 担当 徹雄
残雪の蔵王を計画していたが火山活動の影響を考慮して青麻山に変更した。
数日前に降った名残り雪で蔵王の山脈は生き返ったように春の陽光を浴びていた。今回も天気にめぐまれ、風もないたおやかな山行になった。
登山道を入るとすぐにキクザキイチゲが歓迎してくれた。光を求めて3輪が同じ姿でこちらを見ている。尾根に出ると2段階で急登が続く。頂上の稜線には名残り雪が残り変更前の蔵王の雪に思いをはせる。そこになべちゃんの愛犬ポーが一番先にタッチする。頂上には祠があり、二つに分かれた形のいいヒノキが守っていた。帰りはこの山には珍しい二つの大きな岩を見ながら急な下りを無線中継所に向かって降りた。帰りは遠刈田温泉バーデン荘鳳で入浴 10キロ 約3時間半 (てつお)
次回は 「早春の里山ハイク」大梅寺~蕃山~萱ヶ崎周回コース 担当 文子&山本
e0265627_14000896.jpg
e0265627_14001722.jpg
e0265627_14002775.jpg
e0265627_14003115.jpg
e0265627_14003761.jpg
e0265627_14004221.jpg
e0265627_14004518.jpg
e0265627_14005196.jpg
e0265627_14005528.jpg


[PR]
# by yamakusakai | 2018-03-27 14:03 | Comments(0)

大森山~サイカチ沼


2018.3.10.大森山~サイカチ沼 参加者 17名 担当 喜代子&弘子
例会では天気が悪いという予報で翌日に変更の話し合いもあったが予定どうり決行。
斜めにかかった低気圧は予報より早く去ったため快晴。でも北からの冷たい風で気温は低かった。今回のコースはほとんどの人が初コース。下見した人も雪のある時期だったのでハプニングもあった。仙台それも青葉区にあるい鉱山を周遊する形での山行。コースには隣接するゴルフ場
からのロストボールがあったり、季節外れのキノコがあったり、春に一番に咲く木の花マンサクを見たり、フクジュソウを見たり、そしてリュウキンカの花を楽しんだ里山山行だった。往復15キロ 5時間でした。(てつお)
次回は24日 青麻山 担当 徹雄
e0265627_15555138.jpg
e0265627_15560266.jpg
e0265627_15561006.jpg
e0265627_15562542.jpg
e0265627_15563175.jpg
e0265627_15564120.jpg
e0265627_15564945.jpg
e0265627_15565686.jpg
e0265627_15570465.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2018-03-13 15:59 | Comments(0)

温泉旅行

2018.2.3~4. 温泉旅行 小安峡温泉 参加者 7人 担当 藤田
真冬のなか今日は冬晴。千歳、新庄、湯沢と車中雪見酒。誰が差し入れたか美味しいお酒。今回はオールドパー、バーボンまでそろっている。なんと贅沢。
馴染みの宿「こまくさ」。旦那は無口でキノコや山菜、アユ釣りが好きでその戦果を宿の料理に。女将さんは歌や踊りはできないが美人でご愛嬌でおもてなしが上手。やまくさ会にも人気がある。
夜は例のドジョウすくい、中国人による手品そしてカラオケで盛り上がり。残念ながら私は体調悪くアユの塩焼き、皆瀬牛の刺身食べそこないました。慚愧。(てつお)
次回は2月17日 山形蔵王(樹氷) 担当 太田。
e0265627_13582476.jpg
e0265627_13582919.jpg
e0265627_13583533.jpg
e0265627_13584043.jpg
e0265627_13585785.jpg
e0265627_13590528.jpg
e0265627_13591132.jpg


[PR]
# by yamakusakai | 2018-02-13 14:00 | Comments(0)

泉が岳 黒鼻山

2018.1.20. 黒鼻山 参加者15人 担当 木村&弘子
コメント 今年初めての山行。空は青く澄み、ハヤブサの横切も 飛行雲の発生も許さず。
この山は一部の人が登っているがほとんど初めて。温度も上がり 雪の締まりがよく頂上まではワカン無し。雪面には樹形が軟らかく影を落とす。ウサギ、キツネ、テンなどの足跡がそこここに。植物は、動物は季節の移ろいを感じたのかもしれない。帰りは袖峰コースと合流し水神に降りた。ポーちゃんお疲れ。20000歩 13キロ歩きました。(てつお)
次回は2月3~4日 恒例の温泉旅行 小安温泉峡 担当 藤田
e0265627_11503504.jpg
e0265627_11504406.jpg
e0265627_11505377.jpg
e0265627_11510930.jpg
e0265627_11511565.jpg
e0265627_11512320.jpg
e0265627_11512793.jpg
e0265627_11513352.jpg
e0265627_11514130.jpg
e0265627_11514450.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2018-01-23 13:22 | Comments(1)

総会、新年会

2018.1.13.
総会(シルバーセンター)
新年会(大ばん)
 2018年度の総会が行われた。2017年度の活動報告、決算報告が行われた後、役員改選が行われた。(全員留任)
その後に楽しみでもあり、難しさもあり、審議時間もかかる山行計画が決まりました。(後日ブログに掲載します。
場所を移して18時から恒例の新年会を開きました。(てつお)
今年初めての山行は泉ヶ岳 黒鼻山コース 担当 木村&弘子
e0265627_14235995.jpg
e0265627_14251489.jpg
e0265627_14244926.jpg
e0265627_14253443.jpg
e0265627_14254840.jpg
e0265627_14261828.jpg
e0265627_14260407.jpg
e0265627_14263932.jpg
e0265627_14265209.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2018-01-15 14:29 | Comments(0)

忘年山行面白山

2017.12.23. 忘年山行 面白山 参加者 12名 担当 山戸田
面白山駅は小雨。気温が高い。山峡の低温と接触して山霧が立ち上る。青空も見える。
準備を終える頃は絶好な山行日和。天童高原まで7つ程のピーク超えると新しくできたロッジ風建物が立っていた。どうやら民間の建物の様だ。林道歩くこと1時間強。小雪が降り、天候もどんよりとしてきた。今回はここまで。藤花荘に戻ると先に降りていた人たちがサプライズのケーキパーテイの準備をしていた。雪山の暖かい山荘でのパーテイは心地よかった。
橘川の遭難から4年7か月。大好きな面白山で逝ってから4年7か月。橘川の想い出は折にふれて蘇る。呼んでも戻ってこない橘川に慰霊した。(てつお)
次回総会新年会 1月13日13時~ シルバーセンター
e0265627_14452877.jpg
e0265627_14453887.jpg
e0265627_14454517.jpg
e0265627_14455967.jpg
e0265627_14460966.jpg
e0265627_14462704.jpg
e0265627_14463901.jpg
e0265627_14464556.jpg
e0265627_14465993.jpg
e0265627_14471085.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2017-12-25 14:49 | Comments(0)

 忘年会

2017.12.8。忘年会 花の舞 参加者23人
今年24回の企画のうち最後の忘年山行を除いて予定どうり実行された。皆さんにはまた新たな思い出が積み重なり、ひきだしも豊かになったことと思います。山登りという趣味を楽しむ人生は群れの中に己を見つけることでしょう。
やまくさ大賞、アクテブ賞、晴山賞など受賞の皆さんおめでとうございます。来年も頑張ってください。来年も良い企画を立案しましょう。
次回山行は12月23日 忘年山行 面白山 担当 山戸田
e0265627_11545148.jpg
e0265627_11550334.jpg
e0265627_11273973.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2017-12-12 11:56 | Comments(0)

三方倉山

2017.11.18. 三方倉山 参加者 10人 担当 小野&登志江
コメント 天気予報は雨。ところが青空さえ見える。それ行け。
二口の入口にある簡単な山とたかをくくっていたらなんとなんと。標高差400メートルを
二時間半弱、登り登りで下るを知らない強面の山だった。特に柱状節理の浮いた岩場の急斜面
はきつかった。
林にはユズリ葉が黒い実をつけ、メグスリの木は最後の朱色でゆく秋を惜しんでいた。
ブナの大木,カツラ、シロヤシオ、柱状節理、クマたな、ナメコなどの出会い、語り合いを初冬
の山で繰り広げた (てつお)
次回は12月8日 忘年会 担当清水&きみ子
忘年山行は12月23日 面白山 担当 山戸田
e0265627_13351510.jpg
e0265627_13352998.jpg
e0265627_13353485.jpg
e0265627_13355052.jpg
e0265627_13360188.jpg
e0265627_13360870.jpg
e0265627_13362113.jpg
e0265627_13363159.jpg
e0265627_13362386.jpg
e0265627_13363459.jpg
e0265627_13364356.jpg

[PR]
# by yamakusakai | 2017-11-22 13:39 | Comments(0)

蔵王名号峰

2017.11.4.蔵王名号峰 参加者 10名 担当 木村&弘子
コメント 予報が外れ出発点の峩々温泉前は雨。15分程待つと雨が止んだので出発。ここで温泉組は青根温泉へ。峩々温泉裏手の急坂を登るとクリタケ発見。ミズナラの巨木が孤高を謳っていた。ムキダケを採る。ブナ林を進むと気に肌が白く、樹形が特徴ある賑やかなダケカンバの群林が他を寄せ付けない。ナナカマドの紅い実がしゅう雨にけぶる。突然ミゾレが降ってきたなか名号峰を急いだ。手がかじかんだ。山は完全に冬山に入った。(てつお)
次回山行は11月18日 三方倉。担当 小野&登志江
e0265627_15484204.jpg
e0265627_15472977.jpg
e0265627_15454769.jpg
e0265627_15432960.jpg
e0265627_15425261.jpg
e0265627_15411456.jpg
e0265627_15430928.jpg
e0265627_15425843.jpg
e0265627_15431111.jpg
e0265627_15404644.jpg
e0265627_15402381.jpg
e0265627_15433853.jpg




[PR]
# by yamakusakai | 2017-11-07 16:16 | Comments(0)